仮操業

ねこ

ひだり手に猫猫猫と書きおえる前に落下は始まっていた(辻一郎)

 画数おおいよ!みたいな。
[PR]
# by tundok | 2005-07-26 21:27

正しいです(辻一郎:つじ・いちろう)

今回ダメかも、と思っていたのでとても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

*小学館の『ドラえもん短歌』に載せてもらえるようです。うれしー。

参照
[PR]
# by tundok | 2005-07-20 17:58

ねこ

「私たち普通のネコに戻ります」ネコバスだったミケがわが家へ(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-07-11 00:55

近い過去から来たロボット型ネコに 道具はないの?と聞いてもニャーと言う

 ベタベタじゃないですか。
 
 しかしカテゴリー分類とか完全に破綻していますこのブログ。
 部屋の掃除が苦手なんだけど、たぶん同じことだな。
 ・・・果たして部屋とブログだけの問題なのか、という話もあるが。
 
 とりあえず署名付きの短歌は投稿済ということで。
[PR]
# by tundok | 2005-07-09 16:15

れいせいてきちしきじん

一般的に言って、すごくマニアックな話題なんだろうとは思うんだけど。
そして、イナカの町医者になるだろう僕がこういうの書くことに何の意味があるのだとも思うけど。

More
[PR]
# by tundok | 2005-07-05 20:22

短歌バトン

松陽さんから頂きました。

□ 短歌を始めたきっかけを教えてください。

 ・ETVの「電脳短歌の世界へようこそ」という番組で枡野さんや、かとちえさんの短歌を知る。
 ・「枡野浩一のかんたん短歌blog」に投稿を始める。

□ 好きな歌人がいれば教えてください。

  「かなしーおもちゃ」では佐々木あらら、木村比呂。それから伊勢谷(小枝子さん)マニヤの一員です。
  でもやっぱり枡野浩一に思い入れあり。
  かんたん短歌以外では、東直子、斉藤斎藤、永田紅、中澤系……。
  
□ あなたの好きな短歌を3首挙げてください。

  靴下のたるみをなおす要領で俺を肯定したい日もある 枡野浩一

 あえてかんたん短歌の外からニ首とってみた。

  3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって 中澤系
  
  とらんぽりんとらんとらんぽりんぽりん二時間後少女は母と産婦人科へ 斉藤斎藤

□ あなたにとって短歌とはなんですか?

  ひとり宗教?

□ バトンを渡す3人の歌人。

  ええと、最近ちょっとごぶさたでしたが、平賀谷友里さんに聞いてみたい。
  (と思ってさっきお邪魔してみたら、すでに人気者でした)
  あと今をときめく、しんくわさんにも聞いてみたりしたいが、
  あまりに時の人なので聞きにくすぎる。
  万が一ここ見ていたりしたら、どうぞよろしくお願いします。

  やってみたい人、バトンご自由にお持ちください。
[PR]
# by tundok | 2005-07-04 18:07

雨(を入れてみた)

骨だけの傘をひろげて土砂降りの雨が降るのを待ちわびている(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-06-28 22:32

雨(が入ってないけど)

骨だけの傘をひろげて土砂降りを浴びる準備を整えている(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-06-28 19:31

アリの巣にションベンかけた罰として今降る雨は誰のションベン?(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-06-23 19:42

ほらヒロシ、ゲームの前に一時間雨乞いするって約束でしょう?(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-06-23 19:37

温泉は手拭い一本で勝負したい 例えその日が雨であっても

 前半と後半がつながってないな。
 せっけんやらバスタオルやらをごちゃごちゃ持っていくのは好かない。
 しかし備え付けのシャンプーがあることを期待しているのはヘタレですか。 

More
[PR]
# by tundok | 2005-06-19 23:14

雨乞いをしている時に後ろからざむざむざざむと呼ぶのは禁止

雨乞いをしている時に鳥たちに思い思いにつつかれた跡
[PR]
# by tundok | 2005-06-18 10:41

雨が降る 出しっぱなしのストーブを睨んでいても夕方が来る(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-06-15 18:53

明日の

トークライブ、実は予約もしていたのですが
スケジュール的に無理になりました。や、無理ではないが、きつい。
東京は遠いー。

参加する方、ぜひレポート書いてくださいー。
[PR]
# by tundok | 2005-06-05 00:38

ドラえもん・改作

振りかえる視線が合わなくなってからドラえもんには会えなくなった(辻一郎)
                   ↑
振り向いた視線が合わなくなってからドラえもんには会えなくなった

 意味は変わらず、こっちの方が自然かなと。

(追記)
 2個下のコメント欄にも書きましたが、身長129.3センチというのは当時の小学4年生(女子)の平均身長だそうです。
 「のび太を平均的な小学4年生に設定し、彼を見おろさない身長ということで、ドラえもんを同じ129.3センチにした。」(参照)
 登場人物への配慮を経由した、読者への配慮とも言えるかなとか思いました。いい話。
[PR]
# by tundok | 2005-05-27 22:30

ドラえもん

押し入れに隠れていたい時だって言わばドラえもんの木の下にいる(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-05-27 19:57

ドラえもん

振り向いた視線が合わなくなってからドラえもんには会えなくなった(辻一郎)
                   ↑
振り向いた視線が合わなくなっただけドラえもんならそこにいるけど

 ドラえもんは小さい。

 あ、振り返る、の方がいい気もしてきた。
[PR]
# by tundok | 2005-05-27 19:54

ドラえもん

道具ならすべて実現した未来 しかしスネオの髪型だけが……(辻一郎)

 でも斜め前45度に突き出していると考えるとすでに実現可能なのだよな。

改作前:全方位的に同じということは利点だろうか スネオの髪型
[PR]
# by tundok | 2005-05-22 00:24

お知らせ

はてなで森下雨音さんと短歌を詠み合っています

僕としては相聞歌というよりはイメージの投げ合いみたいなことをしたいのですが、
方向性はまだ定まってないです。
アップした歌もこまめに改作したりしてます。

ちなみに雨音さんにお会いしたことはないのです^^;。

どれだけ続くかもよくわかりませんが、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by tundok | 2005-05-19 01:44

ドラえもん

夢のない話をするがつまりそれは しずかの風呂のドアじゃないのか(辻一郎)

More
[PR]
# by tundok | 2005-05-13 13:46 | 投稿済短歌