仮操業

正しさを確信する必要がありおそらく情緒不安定だった(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-12-17 12:51

正解はわかっているが正解が必要なのかよくわからない(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-12-09 20:22

スイッチを押す瞬間にためらいがあればぎりぎり正しいはずだ(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-12-02 17:57

ミクシーの

発想力コミュ、『怪談575~連鎖~』が面白いです。
前のヒトの575を読んで後に続ける、というもの。

ここまでの経過。(10コまで続けるそうです)
                               
①古井戸の底の母にも餅投げる (米光一成さん)         
②つきたてが八畳間からあふれてくる (myougayaさん)
③石畳なのに踏み出したらぺたり (辻一郎)
④ぬりかべと一夜を共にしたおんな (ささいさん)
⑤帰さない すいつく肌が糸をひく (つたっぺさん)
⑥白銀の上に無数の繭だるま (jyokunさん)
⑦順番にぽろりぽろりと逃げてる歯 (ネコゲルゲさん)
⑧ぬりかべがあなたのお父さんなのよ (辻一郎)
⑨斧仕舞い父が何かを待っている (しんくわさん)
⑩ありがとう僕たち家族は帰ります (まつながさん)

僕の投稿。
②咀嚼する音がだんだん近くなる
③石畳なのに踏み出したらぺたり
④は、無し。
⑤はんぺんの中に潜んでいるおとこ ←ちょっとウケねらい
⑥じっとりと変色してる紙袋 ←ちょっと脈絡ないか
⑦押し入れを開けたら繭に包まれる
⑧ぬりかべがあなたのお父さんなのよ
⑨は、無し。
⑩難産の末に食われている餅だ

コミュ主の米光さんからスタートして、
前の人に選ばれた人が次の選者になるというシステムですが、
一回くらいなれるかな、ムリかな。
参加者がかなり豪華になりつつあります。

11/28追記
③を採ってもらいました。

12/9
⑧も。ありがとうございます!
[PR]
# by tundok | 2005-11-27 21:06

そういえば

というか、ずっと気にしてはいたんだけど、
題詠マラソン2005は結局、一首(!)しか出せませんでした。
三十首ほどつくるにはつくってみたんだけど投稿には至らなかった。
苦手意識を感じたお題の扱い方がよくわからず。
また、「かんたん短歌blog」と比べると、どこに向けて書けばいいのか今一つわからず。
とか今さら言ってもなんだかな感があるが。。
「辻一郎」で投稿作を探してくれた人がもしいたら、ごめんなさい。(運営側の方々にも。)
また参加してみたくなることばあれば、登録せずにまずは並走の形にします。
[PR]
# by tundok | 2005-11-13 20:45

旅がもう日常になりかけている そろそろ帰らなくちゃと思う(辻一郎)
               ↑
旅がもう日常になりかけている そろそろ帰る頃だと思う

 「思う」が要らないような気もするが。。これはこれでいい気も。。
[PR]
# by tundok | 2005-11-08 22:50

ドラ短

旧式のタイムマシンと足あとの化石が昨夜発見された(辻一郎)

 タイムマシンの化石が見つかったりしたら面白いね、という発想で。
 ドラえもんは未来に帰ったのではなくて、すごい過去に行ったとか。
[PR]
# by tundok | 2005-11-07 18:31

旅・改作

名所でも旧跡でもないバス停で読まれた本がいずれ旅になる(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-11-05 18:24

旧跡や名所じゃなくてバス停で読んでた本をふと思いだす
                 ↑
旧跡や名所じゃなくてバス停で読んでた本をふと思い出す(辻一郎)

 *もうちょっと考えてから再トラックバックします。

 本なんて家でも読めるだろうという意見もあるかもしれないが、
 本とそれを読んだ場所とは、けっこうセットで記憶されるように思う。
 たまたま本を見かけた時に、「あれ、これ確かバス停で読んでなかったけ」と思ったり、
 逆に、行ったことのある場所がテレビに映ると、そこで読んでた本も一緒に思いだしたりする。

 最初にできた形は
・旅先の思い出はいつも旅先で出会って読んだ本の思い出
[PR]
# by tundok | 2005-11-02 19:26

お休み中

シモネタ難しい。。

明日は笹公人さんがNHKに出るそうで、見たい。
でも外出する時間と重なりそうで微妙。ビデオの調子悪いし。。

追記(11/2←遅!)
見ました!
[PR]
# by tundok | 2005-10-15 12:51

シモ

反省をしつつ立ってたはずなのに走り出したい廊下なんです(辻一郎)

 ……佐々木クララ氏の影響でしょうか。
 クララ氏はちょっとずつ改作が進んでて見逃せない感じですね。
[PR]
# by tundok | 2005-10-02 11:39

誕生日であるとないとにかかわらず辻一郎の部屋はきたない(辻一郎)

 名前を入れてみたくなったので。
例:夕日の中をへんな男が歩いていった俗名山崎方代である  山崎方代
[PR]
# by tundok | 2005-09-21 20:42

佐々木あらら氏の

「ジョジョ読み」が昨夜から進行中です。
『ジョジョの奇妙な冒険』全84巻を一気にどこまで読めるか(感想文付き)という、
ひとり24時間テレビのような企画です。
応援してます。しかし体力あるなあ。
[PR]
# by tundok | 2005-09-18 11:45

いくらかはおれの手柄であるのかと考えている誕生日です(辻一郎)

*枡野さんからコメント(9/9)
 これが今週の☆印(お気にいりの歌)。
 語尾の「です」は改善の余地がある気もするけど。
 誕生日だからって自分が偉いわけではない、という認識を美しくふくらませていて面白い。

語尾、考えてみよう。

*追記(9/18)
考えてはいるのだけど、これで固まってしまった感も。。
[PR]
# by tundok | 2005-09-05 20:24

『ドラえもん短歌』(小学館)

発売されました。
a0013564_2235366.jpg
僕の短歌も2首ほど掲載されている模様です。
模様、というのは諸事情によりまだ手にとれていないから。
明日には読めますように。

冒頭の方に僕の
・青空の入道雲はそれはもう配色としてドラえもんです
が掲載されているようです。

この短歌、実は
・嘘っぽい青さがいやだ 雲ひとつないにもほどがあるきょうの空 (仁尾智)
という短歌と、それに対する枡野さんのコメント
>前半と後半が同じレベルで青く塗られすぎ。
というのが頭に残っていてできたものです。

「あ、じゃあ白を加えたらドラえもんじゃないか」
と思いました。
僕の短歌に対する枡野さんのコメントは
>赤が足りないよ。

赤は今回、『ドラえもん短歌』の帯としてアートディレクションの谷田さんが付けてくれた模様です。

枡野さん谷田さんはじめ関係者の皆さま、本当におつかれさまでした。
たくさんの人に届きますよう。

*という訳で、仁尾さんと枡野さんと谷田(篠田)さんのところにトラックバックしました。

bk1
amazon
[PR]
# by tundok | 2005-09-04 22:54

北海道東北支部集会

ここのところ移動続きで疲れ気味なので、落ち着いたら書きます。
柴田さん伊勢谷さん、ありがとうございました。

8/25 追記
どうも落ち着かない毎日なのですが、
空間実験室
北東北方面にお住まいの方は週末など出かけてみてはいかがでしょうか。
31日まで柴田有理展ですね。

1階はカフェになっていて、ビールも飲めます。
(ちなみに僕はビール買ったのが嬉しくて
思わず展示スペースにまで持って行ってしまったのだが、
うっかり展示作品にこぼしたりしたらシャレにならなかったな、とか思う。)

カラオケヤッターマン、ではなくてスーパーマンが路地の入り口の目印です。
[PR]
# by tundok | 2005-08-22 21:20

あい

安全と水に対価があるように愛することに代償はある(辻一郎)

 辰巳さんのお話、怖いと思いました。
 刃物を持っているのと同じだ、ということは忘れないようにしたい。
[PR]
# by tundok | 2005-08-10 14:50

あい

ダメ出しを期待しながらそれほどは愛されてないと気づいてはいる(辻一郎)
[PR]
# by tundok | 2005-08-08 23:26

青森集会

8月21日の日曜日に、『かなしーおもちゃ』でもおなじみ、
柴田有理さんが参加する展覧会に行きます。
前日の東京でのマスノ師イベント参加後の伊勢谷さんも来られます。
複数の作家さんのリレー形式で、柴田さんの期間は8月19日(金)~8月31日(水)とのこと。
お近くの方など、ご一緒できる方いたりしたら連絡くださいーー。
[PR]
# by tundok | 2005-08-03 22:46

ねこ

直立する猫の風太は異人さんに連れられてった 波止場の方へ(辻一郎)

 字余り。
[PR]
# by tundok | 2005-07-29 12:37