仮操業

<   2004年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

黒ドラ

黒いドラえもんがこっちの方を見ている 塗り立てなのかどうかが気になる(辻一郎)
 うーんどうなんだ。。

黒いドラえもんを味方につけたって一人で救われたりはしないよ
 味方かー。
[PR]
by tundok | 2004-09-30 01:02 | 投稿済短歌

裏ドラ

そのドアは「どこでもドア」だ もし君がそれは嘘だと思わなければ

 というのを考えたのだけど、志井一さんの

行きたいと思う気持ちが足りなくてどこでもドアを使えなかった

 の方がもう一捻りあってうまいと思った。

 ……タイトルには特に意味無し。
[PR]
by tundok | 2004-09-25 20:23

ドラえもん

リサイタルの記憶を守りたい だから転がる土管の音を楽しむ(辻一郎)

 ドラえもん短歌、というのを抜きにすると意味不明だな。
[PR]
by tundok | 2004-09-24 02:19 | 投稿済短歌

ドラえもん・改作

押し入れの中で四次元ポケットが見る夢を見る夢を見ていた(辻一郎)

 スペアポケット。
[PR]
by tundok | 2004-09-23 21:09 | 投稿済短歌

ドラえもん

押し入れの中の四次元ポケットの見る夢を見る夢を見ていた(辻一郎)

 あ、
押し入れの中で四次元ポケットが見る夢を見る夢を見ていた
 の方が「かんたん短歌」として正解かな、という気がしてきた。。

 
 全然関係ないですが、週間朝日のマスノ師連載、
 飯島耕一の「ゴヤのファーストネームは」という詩を何となく思い出しました。
[PR]
by tundok | 2004-09-21 13:21 | 投稿済短歌

ドラえもん

浮いているドラえもんには足跡がないので代わりに僕がつけます(辻一郎)

 そう言えば、ドラえもんて「反重力装置」みたいので
 常に地面から浮いているのではなかったっけ。
 という曖昧かつマニアックな記憶を元に作った短歌。

 でも足跡はある気もする。。
[PR]
by tundok | 2004-09-20 21:40 | 投稿済短歌

ドラえもん

黒いドラえもんとがっぷり四つに組み小手投げなどもしたい朝です(辻一郎)

黒いドラえもんとがっぷり四つに組み尻尾をつかめそ  あ、やば……
 「したい朝です」がつまらないような気もして考えたのが2首目なんだけども、一人よがりだろうか、と思い1首目を投稿することに。


マスノ師にコメント頂きました、転載。
>ご本人も自覚してるように、「……朝です」が退屈。「黒いドラえもん」のところは新鮮。
>改作してみてください。

改作了解しました、じっくり考えてみます。
[PR]
by tundok | 2004-09-20 20:23 | 投稿済短歌

ドラえもん

「ジャイアンとスネオを出して」 終わらない未来に飽きた無数のノビタが(辻一郎)
[PR]
by tundok | 2004-09-14 17:27 | 投稿済短歌

ドラえもん

3秒で眠れるのび太であるように今日の世界を眠らせていく(辻一郎)

 なんか意味わかんない気もするが。。


 ものすごく久しぶりに「かんたん短歌blog」でコメントを頂きました。
 嬉しいので、転載。

> これは作者本人も言ってるけど、何なんだろう?
> 言いまわしに妙な説得力があるものの、意味はわからない。
> シュールな絵みたいに味わうといいのかな。気になったので一応挙げておきます。

 3秒で眠れるのって幸せだよなあ、と思います。
[PR]
by tundok | 2004-09-14 17:24 | 投稿済短歌

ドラえもん

「ジャイアンとスネオを出して」 終わらない未来に飽きた無数のノビタが

 紫月美夜さんの
  ドラえもん持ってる未来の子供らはいったい何を欲しがるのだろ
 という短歌が引っかかっていて。(参照)
 マスノ師は「色ちがいのドラえもん」説でしたが、
 皆がのび太になったら、ジャイアンとスネ夫を欲しがったりするのかもな、と思いました。
 
[PR]
by tundok | 2004-09-10 18:42 | 未投稿短歌